看護師の仕事

看護師の仕事はとても大変です。
病院勤務であれば日勤と夜勤があり、2交代制と3交代制の勤務形態で業務が遂行されています。
2交代制はその病院にもよりますが、12時間ごとに区切っているか忙しい日勤の時間帯の8時間とそれ以外の時間を16時間の夜勤としているなど様々です。
3交代制は8時から16時が日勤、16時から0時が準夜勤、0時から8時が夜勤となります。
日勤の場合、まず出勤してから自分の受け持ちの患者のことを夜勤の看護師から聞いて(申し送り)、それから患者の食事が終わった後はバイタルチェック、薬の服用をさせてから検査の準備をしたりします。それから自分の昼食をとってからまた検査の準備を行ったり入退院する患者の荷造りや部屋の準備を行います。そうしてから患者のカルテをまとめて夜勤の看護師へ引き継ぎを行います。
夜勤の看護師は患者が寝たあとも見回りを行ったり、寝返りが打てない患者がいたら2~3時間ごとに体位を変えに行きます。また、ナースコールが鳴ればその応答もしなければなりません。夜勤は日勤と違い人数が少ないため、日勤よりやることは少ないとはいえ案外忙しいことが多いです。仮眠が取れる場合もありますが、当然とれないこともあります。そうしてまた日勤の看護師へ引き継ぎを行い終わります。
人の命に関わる仕事なので単純なミスも命取りになることがあり、肉体的にも精神的にも負荷のかかる仕事です。給料は高いとはいえ、それだけの理由ではやっていけない仕事でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です